【医療・病気・症状】こどもの熱性けいれんのイラスト

熱性けいれんは、6カ月~5歳ころの子どもが通常38℃以上の発熱し、24時間以内に急激に体温が変化する時に起こることが多い病気です。
白目をむいて全身をつっぱったり、ガクンガクンと手足をふるわせる症状がでるとされています。
規約の範囲内でイラストをお使いいただけます。

熱性けいれん
熱性けいれん
●パソコンは右クリックで「名前をつけて画像を保存する」、スマートフォンは画像を長押しで保存してください。
●イラスト素材についてはすべてダウンロード無料・商用利用可となっておりますが、ご利用にあたっては必ずご利用規約をご確認ください。
ダウンロードすると同時に、ご利用規約に同意したとみなします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。